増額申請

消費者金融系、又は銀行系カードローンを既に契約されていて、キャッシングを利用していると、設定されている限度額に近づくにつれ、限度額の増額を申請しようと考える場合があると思います。しかし、消費者金融系カードローンの場合、年収の1/3以下までしか貸し出せないという総量規制の関係から、既に限度額が年収の1/3近い金額になっている場合には、更なる増額を望むことは出来ないと言って良いでしょう。

消費者金融系カードローンでも、まだ最初の契約の限度額が低い金額しか得られてなく、返済もそれなりに滞りなく出来ている状況でしたら、増額申請をチャレンジしてみても良いかもしれません。

 

増額申請というのは、最初の契約を申し込んだ際と同様に、厳しい審査を最初から受けることになります。

 

自身の状況が好転している場合は良いてすが、転職したり、年収が下がったなど悪く取られる状況では、審査が通りづらくなる恐れが生じます。

 

現在消費者金融系カードローンを利用していて、更に大きな限度額を得ようとお考えなら、同一カードの増額申請ではなく、銀行系カードローンへ申込んでみるのも、1つの選択肢かもしれません。銀行系カードローンの場合、総量規制の対象外となり、それなりの安定した収入がある方でしたら、限度額300万円程までなら、審査が通る可能性があります。事実、年収500万円前後の方で、限度額300万円の契約をされている人は少くありません。十分、選択肢の1つとなり得ると思います。

 

一番気をつけなければならないのが、既に銀行系カードローンの契約をされていて、更に限度額の増額を申請しようと考える場合です。先にも消費者金融系カードローンのところでも触れましたが、増額申請すると、最初の契約申込みの際同様、厳しい審査を受けることになりますので、自身の状況を良く良く考えての行動にすべきです。現在、折角大きな限度額を得ている状況から、一転して限度額の削減や利用停止になってしまうこともあります。これは、消費者金融系カードローンの場合も同様ですが、十分注意して行動すべき問題となります。

 

覚えておきたい事は、増額申請に対する審査は、追加的審査ではなく、一から厳しい審査を受けることになると言うことです。